サラリーマンも厳しい時代になりました。


by a5vzrjqy20
 昨年6月に施行された改正薬事法に、漢方薬の利用者と薬局の双方から不満の声が上がっている。漢方薬など処方せんの要らない一般用医療薬(大衆薬)の郵送販売が禁止され、利用者は薬局に足を運ばなければならなくなった。東北でも遠方に住む人や移動手段のない高齢者は負担感を訴え、郵送販売の割合が大きい薬局は売り上げの落ち込みに危機感を募らせている。

 「トラブルなく利用していたのに、どうしてこんな法律ができたのか。負担が増えるだけ」。石巻市の会社員白出政子さん(53)は8年ほど前から、漢方薬を服用している。かかりつけは仙台市にある薬局。家族4人分の薬は郵送で受け取っている。

 郵送販売の禁止は対面販売で薬のリスクを説明し、利用者の安全を確保するのが理由とされる。2011年5月末までは経過措置として、改正前から利用していた薬を同じ店から購入する場合などに限って認められる。

 白出さんも体調の変化などで薬の種類を変えると、月1、2回は薬局まで出向かなければいけなくなる。薬局まではタクシーと電車を乗り継いで片道3時間。1回の交通費は5000円以上かかり、仕事も休まざるを得ない。

 白出さんは「ほかの薬局は取り扱う薬が違うので簡単に変更できない。電話で相談に乗ってくれ、付き合いの長い薬剤師への信頼は替えがきかない」と嘆く。

 仙台市青葉区で1人暮らしの千葉篤子さん(72)は家から薬局まで徒歩15分の距離だが、郵送で購入している。腎臓の持病で足がむくみ、移動は困難を伴う。「薬局に行ってきてと頼める人はいない。雪道で転んで、けがでもしたら元も子もない。郵送禁止は高齢者の実情を全く考えていない」と憤る。

 漢方薬を扱う薬局側は経営への影響を懸念する。八戸市のある薬局は売り上げの約2割が郵送販売。利用者には対面販売への切り替えを呼び掛けている。理由を説明しても、なかなか理解してもらえないケースもあるという。

 店主の男性は「クリック一つで買えるインターネット販売と、カルテを作り、電話などで体調を確認している漢方薬局の販売方法を一緒くたにして禁止するのはあまりに乱暴。売り上げが2割減れば、利用者には申し訳ないが、廃業も考えないといけない」と話している。


トキ、本州側に飛来=2次放鳥では2羽目−新潟(時事通信)
駐車場で巻き込み→蛇行し塀に衝突→女性死亡(読売新聞)
南日本銀行員、当て逃げで逮捕=ナンバーの跡残り浮上−鹿児島県警(時事通信)
<粘菌>ネットワーク構築の性質、物流経路の設計に応用可能(毎日新聞)
刑事補償請求、来月4日に決定=横浜事件の免訴判決で−地裁(時事通信)
[PR]
# by a5vzrjqy20 | 2010-01-25 17:28
 京都検定のテキストによると、1月の花簪(かんざし)は「松竹梅」ということになっているが、別にこの3点がそろわないといけないというものでもないらしい。いろいろな組み合わせがある。

 今回、モデルを務めてくれた舞妓・豆沙久(まめさく)さんは梅の花と一緒に稲穂の簪を挿している。当然、稲穂は本物。この1年が実りの多いものに−という願いが込められているのだろう。

 稲穂の簪は7日の祗園甲部の始業式、つまり仕事はじめの日に挿すことになっている。撮影日が始業式の翌日ということもあるのだろうか、ちょっぴり得をした感じがした。

 稲といえば、やはり伏見区の伏見稲荷(いなり)大社。秦伊呂具がもちを的に矢を射たところ、もちが白い鳥になって稲荷山まで飛び、そこに稲が生えたことから祭ったという言い伝えがある。社殿裏の千本鳥居をくぐり稲荷山山頂まで行くと市街地も見渡せ、最高の気分が味わえる。

 また正月三が日には京都一の初詣で客を集め、2月の初午(はつうま)大祭のときも商売繁盛、家内安全を願う大勢の参拝客でにぎわう。

 花街も「実り」という言葉を大切にしている。8月1日の「八朔(はっさく)」がそうだ。「田の実の節」とも言われ、豊作を祈る日。花街では「田の実」が「頼み」に通じることから、黒紋付で日ごろ世話になっている芸事のお師匠さんやお茶屋などへの感謝の意を込めてあいさつ回りを行っている。

 豆沙久さんは舞妓にあこがれ、青森からこの世界に入り、昨年5月からお座敷に出ているという。しかし、そのデビュー前の1年間は「仕込みさん」として屋形で行儀作法、言葉遣い、しきたり、芸事などをみっちり教えられたと思う。

 記者も九州から京都に出て30年たつが、どうしても京都人になり切れない部分がある。それは言葉。外面は何とかなるが、イントネーションはどうしようもできない。そのことを豆沙久さんに言ってみると、「それ、ようわかります」と万全な花街ことば、イントネーションで返ってきた。

 「やはり、鍛えられているヮ」(園田和洋)

【関連記事】
陶芸アイドル・黒木美早「集中してろくろに向かうと…」
「女の園」に男性が台頭 ネイリスト、結婚プランナー
消防検定協会、後任監事は公募の会社員
冬の祇園で「ティーパーティー」 舞妓さんの抹茶で至福のひととき
南禅寺の水路閣 あのアーチの上はどうなってる?

金沢大医師 あて先ない紹介状 中国での移植仲介業者関与(産経新聞)
一方的報道「よろしくない」=官房長官(時事通信)
<雑記帳>バレンタインデーに 南部せんべい新商品(毎日新聞)
国家再生砕いたハイチ大地震 育成の警察部隊が雲散霧消(産経新聞)
産業ガス団体を公取委立ち入り カルテル疑い(産経新聞)
[PR]
# by a5vzrjqy20 | 2010-01-24 02:54
 16日午後10時ごろ、那覇市壺川1の東改良市営住宅B棟(9階建て)から「友人が9階から屋上に上がろうとして落ちた」と119番があった。救急や警察が駆け付けたところ、約21メートル下の1階ひさし部分に少年が倒れており、病院に搬送されたが死亡が確認された。

 沖縄県警那覇署の調べでは、少年は隣接する別棟に住む県立高校1年の男子生徒(16)。小学校時代の友人ら2〜3人と、9階通路の手すり(高さ約1.2メートル、幅8センチ)の上に立って歩く遊びをしていて、誤って足を踏み外したらしい。友人らは「度胸試しをしていた。小さいころから滑り台や木から飛び降りて遊んでいた」などと話しているといい、同署が詳しい状況を調べている。【門田陽介】

「国民の理解得られる状況つくる」=小沢氏、任意聴取に自信? (時事通信)
<ウォーターボール>知事も中でダンス、ダンス、ダンス(毎日新聞)
裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)
陸山会土地所有権 「確認書」日付を偽装 「17年」実は19年会見直前(産経新聞)
石川議員逮捕 失職恐れる 否認理由漏らす(毎日新聞)
[PR]
# by a5vzrjqy20 | 2010-01-23 07:25
 自民党経済政策調査会(与謝野馨会長)は19日、10年度予算案の国会審議に備え、「経済と財政に関する党の考え方」の素案をまとめた。一般会計総額が過去最大の92.3兆円となった政府案に対し、09年度当初予算から社会保障費の自然増のみに抑えた89.5兆円規模を提案し、財政再建への姿勢の違いをアピールした。月内にも成案を得て、予算審議で政府追及の指針にする。

 素案はこの日の会合で大筋了承された。ただ、政府案に対抗して一層の歳出抑制を求める意見が出たため、予算規模のさらなる圧縮を検討する。

 素案は鳩山政権の政策を「選挙あって理念なし」と批判。子ども手当や農家の戸別所得補償制度、高校授業料の実質無償化など民主党がマニフェスト(政権公約)に盛り込んだ主要政策を取りやめることで2.6兆円を削減。国と地方の公務員の総人件費1割カット(2兆円)、無駄撲滅(0.5兆円)と合わせて5.1兆円分を確保する。

 一方で、「安心強化」「雇用防衛」「成長投資」の3分野に特化した「官邸重点枠」(1.3兆円)を設定、社会保障や雇用対策、農林漁業振興の充実を図る。さらに1兆円を社会保障費以外の財源にあて、結局、政府案より2.8兆円圧縮される。

 また、「財政の発散を避けるために、歳入措置の検討が必須」と明記し、民主党がためらう消費税率引き上げの必要性をにじませた。「鳩山政権には中期経済財政見通しと財政再建目標がない」として、与党時代の経済財政諮問会議の「骨太の方針」を念頭に置いた「財政責任法」の制定も求めている。【中田卓二】

【関連ニュース】
成長戦略:菅氏VS竹中氏 批判の応酬
私の政官論:/4 東大名誉教授・西尾勝氏(71)
鳩山政権の通信簿:マニフェスト検証 発足100日(その1)

阪神大震災15周年追悼式典、皇太子ご夫妻出席(読売新聞)
山本病院元理事長を保釈=診療報酬不正受給−奈良(時事通信)
【中医協】地域特性に配慮した診療報酬、次回以降に再協議(医療介護CBニュース)
不正請求でグループホームの指定取り消し―三重県松阪市(医療介護CBニュース)
「函館朝市で宅配詐欺」浅田次郎さん誇張記述(読売新聞)
[PR]
# by a5vzrjqy20 | 2010-01-22 11:37